産後ケアスペシャリスト募集

お知らせ

登録商標について

当機構では、令和5年3年30日付で下記の2つの名称を商標登録いたしました。

 

「JCRO」(第6685309号)

「産後ケアプロバイダー」(第6685310号)

 

この登録商標と同一又は類似の商標を無断で使用した場合は

民事上、刑事上の責任を負うことになりますのでご注意下さい。

 

一般社団法人 日本子育て包括支援推進機構

参考記事:母子健康手帳の様式について 【省令様式(令和5年4月1日施行)】

母子健康手帳の見直し方針を踏まえ、2023年4月より母子健康手帳の改訂が行われました。

(2022年12月26日令和4年号外第277号より抜粋)

PDF①PDF②

 

11年ぶりの今回の改訂で、省令様式に、地域の子育て世代包括支援センター等に相談するよう促す記載と、

産後ケア事業に関する記録欄が追加されました。

(厚生労働省:母子健康手帳の様式について【省令様式(令和5年4月1日施行)】より抜粋)全ページPDF

参考記事:令和5年度母子保健対策関係予算の概要

厚生労働省より「令和5年度母子保健対策関係予算の概要」が発表されました。

 

退院直後の母子に対して心身のケアや育児のサポート等を行う産後ケア事業については、
令和元年の母子保健法改正により、市町村の努力義務とされ、
少子化社会対策大綱(令和2年5月29日閣議決定)においても、
2024年度末までの全国展開を目指すこととされています。

 

また、全世代型社会保障構築会議においても、産前・産後ケアの体制を充実するとともに、
利用者負担の軽減を図ることが検討課題の一つとして挙げられています。

産後ケア事業の利用者負担については、
令和4年度から非課税世帯を対象に減免支援を実施することとされましたが、
上記のような状況を踏まえ、利用者の所得の状況に関わらず
産後ケア事業を利用しやすい環境を整える観点から、
産後ケア事業を必要とする全ての産婦に対して利用者負担の減免支援を導入することとされました。

 

具体的には、利用料の減免対象は今まで、住民税非課税世帯のみに5000円でしたが、
対象がすべての産婦に拡充され、住民税課税世帯でも2500円の減免が行われるようになります。
詳しくは下記資料をご覧ください。

 

 

令和5年度 母子保健対策関係予算の概要(PDF)

参考記事:母子保健法に基づく産後ケア事業を行う施設の取扱いについて(国交省)

「母子保健法の一部を改正する法律(令和元年法律第69号)」が公布、産後ケア事業が母子保健法上に位置づけられ、令和2年8月5日に国土交通省より各都道府県に対し「母子保健法に基づく産後ケア事業を行う施設の取扱いについて」が周知されました。

参加者募集:妊婦初回面談の研究協力

当機構理事の福島富士子が指導教員として携わる「子育て世代包括支援センターにおける母子保護コーディネーターの妊婦初回面談の実践に関する研究」にご協力いただける方を募集しております。

 

<内容>
妊婦初回面談の対話(ダイアローグ)の実践モデルの仮説原案の妥当性を検討するため
日頃の妊婦面談の実践について60分程度のインタビュー

 

<対象者>
保健師または助産師の経験年数が5年目以上の方で、妊婦初回面談を実践された経験のある母子保健コーディネーターの方 6~10名

 

<締め切り>
2023年1月31日(火)

 

<連絡先>
東邦大学大学院看護学研究科看護学専攻 博士後期課程
渡邉 幸恵(ワタナベ サチエ)
メール:nd17001w@st.toho-u.jp

 

※当研究は、子育て支援機構が企画・運営しているものではございません。
お問い合わせ等は連絡先の渡邉幸恵までお願いいたします。

 

詳細は、下記の添付資料をご確認ください。
研究参加者募集(PDF:132KB)

令和4年6月14日公表、内閣府「少子化社会対策白書 令和4年版」を読んで(代表理事 長隆)

19回目になる法定白書であることに驚いた。
国も粘り強く立派な白書に仕上げられたことを、高く評価したい。
奇しくもこども家庭庁設置法案が成立したことを心から喜んでいる。
白書の表紙を飾る赤ちゃんの写真を公募するなど、味なことすると思う。

 

(目次)
第1部 少子化対策の現状
第1章 少子化をめぐる現状
第2章 少子化対策の取組
第2部 少子化対策の具体的実施状況
第1章 重点課題
第2章 ライフステージの各段階における施策

 

第2部の具体的対策も、補正予算できちんと裏図けしていることがわかる。
数多くの白書の中で秀逸であり、絶賛したい。

 

代表理事 長 隆

参考記事:令和3年度補正予算母子保健対策関係

 

厚生労働省子ども家庭局母子保健課が発表した「令和3年度補正予算母子保健対策関係」より一部抜粋

 

 

PDFはこちら(9,509KB)

 

全文はこちら(外部リンク)

参加者募集:産後ケア研修プログラムの研究協力

当機構理事の福島富士子が指導教授として携わる研究「産後ケア事業に携わる助産師のための研修プログラムの実施と評価」にご協力いただける方を募集しております。

 

<対象者>
産後ケア事業において産後ケアを実践されている助産師の方(実践歴は不問)

 

<開催日>
2022年5月14日(土)10~16時

 

<場所>
東邦大学看護学部(最寄駅:JR蒲田駅、京急梅屋敷駅)

 

<連絡先>
東邦大学大学院看護学研究科博士後期課程3年
原田慶子(ハラダチカコ)
メール:chikako.harada@hs.toho-u.ac.jp

 

※当研究は、子育て支援機構が企画・運営しているものではございません。
お問い合わせ等は連絡先の原田慶子までお願いいたします。

 

詳細は、下記の添付資料をご確認ください。
研究参加者募集(PDF:286KB)
研究協力説明文(PDF:1188KB)

参考記事:日本海ヘルスケアネットに看護管理者部会新設

「すこやかレディースクリニック」(理事長 斉藤憲康氏)が令和4年1日から日本海ヘルスケアネットに加入することになりました。

 

※地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構の広報誌「あきほ」(http://www.nihonkai-hos.jp/kouhou.html)2022年3月号より抜粋 (記事を読む PDF 808KB)

 

 

※山形新聞 2022年2月19日発刊より抜粋 (記事を読む PDF 3.62MB)

 

 

※コミュニティしんぶん(https://www.komi-shin.com/) 2022年4月8日発刊より抜粋 (記事を読む PDF 3.44MB)

令和3年度 第5回 子育て世代包括支援センター支援事業 スキルアップ研修開催のご報告

<開催日時>   令和4年2月25日

<会    場 >    オンライン研修

<カリキュラム> 応用編Ⅳ  家族支援②

時間 内容 講師
9:30 受付
10:00 ジェノグラムとエコマップ 原田
11:30 昼食休み
12:30 多職種連携における保健師の役割 中板
13:30 周産期の話題(不妊治療・遺伝病・双胎) 古谷
14:30 家族支援  大田区立障がい者総合サポートセンター短期入所事業の活動 中澤
16:00 質疑応答 まとめ アンケート 福島、丹波、原田

中板、古谷

<講師紹介>

原田 慶子 東邦大学健康科学部看護学科ファミリーヘルス看護領域母性看護学
中板 育美 武蔵野大学看護学部看護学科看護博士
古谷 健一 防衛医科大学校名誉教授産科婦人科学
中澤 眞由美 大田区立障がい者総合サポートセンター短期入所事業 看護科長
福島 富士子 東邦大学看護学部・大学院研究科科長・教授
丹波 恵津子 綾瀬産婦人科 産後ケア アドバイザー

 

<研修の様子>

 

 

 

<アンケート結果>

質問 回答
講義「子育て世代包括支援センターの理念に基づいた産後ケア~ジェノグラムとエコマップを活用して母子と家族を理解する ~」の満足度・ご感想 大変満足3名、やや満足1名
・エコマップで対象者の全体像を把握することで、必要な社会資源や足りない情報が整理されて把握できる点がとても活用するうえでの利点に感じました。
・ジェノグラムを普段活用できていなかったため、ケース把握をする際書く癖をつけたいと思った。
講義「どの子どもも取り残さない地域多機関協働による早期支援について」の満足度・ご感想 大変満足3名、やや満足1名
・リスクある家庭への介入の困難さがあるが、だからこその支援が切れない、子どもを守り母や家族を守っていく網目のような協働が必要不可欠であること、また今後の課題でもあること実感しました。
・ディベートではなく、弁証法的対話について、とても参考になりました。意識せずに今までやっていましたが、意識的に取り組んでいこうと思います。また、児童福祉の知識をしっかり押さえていきたいです。
講義「最近の生殖・周産期医療における課題と女性のキャリア形成」の満足度・ご感想 大変満足4名
・不妊相談事業(妊活相談事業、妊娠に関する相談事業)を実施しているので非常に参考になりました
・高齢になると妊娠から出産へのリスクがぐっと上がることがわかった。ケースにも双子妊娠で、妊娠高血圧や双胎間輸血症候群の方がいるため、疾患のが理解できた。
講義「家族支援 大田区立障がい者総合サポートセンター短期入所事業の活動」の満足度・ご感想 大変満足2名、やや満足2名
・障害を抱える本人、その家族がその人らしく馴染みのある地域で暮らしていけることの大切さを実感しました。そのためには、各機関・他職種が独立したものではなく、情報共有をしながらスムーズな連携ができる地域のつながり、ネットワークが必要だと感じました。
・目の前の支援だけでなく長期的な支援の視点の重要性について、あらためてよく考えることができました。
プログラム・時間配分・配布資料についてご意見ご感想 ・休憩時間が少し短かった。
受付・スタッフ対応などについてご意見ご感想 ・コロナの中での、臨機応変なwebでの開催に大変感謝しています。を自分の今後に活かす材料として貴重な講義を受けられるご機会をいただき本当にありがとうございました。
・音声も聞き取りやすく、レジメも見やすかった。

カテゴリ