産後ケアスペシャリスト募集産後ケアスペシャリスト募集

理事の紹介

理事古谷 健一

防衛医科大学校名誉教授・大学医師会長

東京都杉並区出身、慶應義塾高等学校卒。

【略歴】

1979 年  順天堂大学医学部卒

1979 年  防衛医科大学校 (防衛医大) 産科婦人科学講座助手

1988 年  IHF (内分泌・生殖研究所)、Hamburg 大学 (ドイツ) 留学

1992 年  防衛医大  産科婦人科講師

2005 年   同     産科婦人科学講座教授・分娩部部長

2006 年   同     手術部長 (兼)

2008 年            防衛省特別課程修了 (第54期)

2009 年   同   大学医師会長

2011 年   同      腫瘍化学療法部長 (兼)

2012 年   同   看護学科設立準備室長(兼)

2013  年  同   医療情報部長(兼)

2015 年   同      副院長 (管理・運営) (兼)

2019 年   同   退官

 

 

>経歴・過去の実績はこちら

理事福島 富士子

静岡県出身。横浜国立大学大学院環境情報学府満期退学。
医学博士。国立保健医療科学院を経て、2014年から
東邦大学看護学部教授。2013年一般社団法人産前産後ケア推進協会を創設。
2017年一般社団法人出産・子育て包括支援推進機構創設。

>最新実績はこちら

>経歴・過去の実績はこちら

講演風景

理事齋藤 弘

公益社団法人全国自治体病院協議会顧問・前山形県知事
東京外国語大学、米国ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院修了。
1981年日本銀行入行。
国際通貨基金(IMF)、預金保険機構などへ出向。
2003年山形銀行入行。
2005年山形県知事就任。
知事在任中に、全国自治体病院開設者協議会会長、地域力再生機構研究会座長代理、地方分権改革推進委員会専門委員など歴任。
知事退任後、東京財団上席研究員などを経て、現在、一橋大学国際・公共政策大学院客員教授、国際教養大学客員教授、公益財団法人AFS日本協会監事などを務める。

>経歴・過去の実績はこちら

講演風景

理事丹波 恵津子

東京都出身。看護師・助産師

国立大蔵病院附属看護助産学校助産学科卒業

厚生省看護研究研修センター助産師養成所教員専攻卒業

国立大蔵病院産科病棟助産師勤務

神奈川県衛生看護専門学校助産師学科専任教員

東京都立医療短期大学・東京都立府中看護専門学校非常勤講師

済生会川口看護専門学校看護学科専任教員

東京医療センター附属東が丘看護助産学校助産学非常勤講師

新生児訪問指導員として横浜市中区・西区、神奈川区 世田谷区立砧保健センター委託

2008年より武蔵野大学附属産後ケアセンター桜新町主任助産師として勤務

2017年より綾瀬産婦人科産後ケア 主任