産後ケアスペシャリスト募集

お知らせ

【第二回】認定エキスパート産後ケアプロバイダー資格・取得講習会 のご案内(2024年7月20・21・27・28日※: C,D,E領域)
【第三回】認定エキスパート産後ケアプロバイダー資格・取得講習会 のご案内(2024年7月20・21・27・28日※: C,D,E領域)(9月予定21・22・28・29日※:A,B領域)(11月予定16・17・23・24日※:F,G領域)

第二回目の産後ケアプロバイダー認定資格取得のための講習会を、2024年5月からスタートいたします。産後ケアプロバイダーとして必要な知識・実務を学んでいきます。

産後ケアプロバイダー養成講座ハンドブック
第二回目の産後ケアプロバイダー認定資格取得のための講習会を、2024年5月からスタートしています。また、新たに第三回講習会を2024年7月よりスタートします。産後ケアプロバイダーとして必要な知識・実務を学んでいきます。
福島 富士子氏(医学博士)丹波 恵津子氏(助産師)など産前・産後ケアのスペシャリストが監修し当団体発行元の「産後ケアプロバイダー養成講座ハンドブック」をベースにカリキュラムを進め、産後ケアのスペシャリストになるための知識・実務を学んでいきます。

目次を見る 著者一覧

受講後、試験に合格した際は、当団体より、産後ケアプロバイダー資格認定証をお渡しします。

【日程】
※現在以下の日程を予定しています。場合により変更することもあります。予めご了承ください。

【第二回認定エキスパート産後ケアプロバイダー養成講座】
▼C領域、D領域、E領域
2024年7月20(土)・21(日)・27(土)・28(日)4日間を予定

【第三回認定エキスパート産後ケアプロバイダー養成講座】
(1)認定エキスパート産後ケアプロバイダー資格取得講座
▼C領域、D領域、E領域(必須科目)
2024年7月20(土)・21(日)・27(土)・28(日)4日間を予定

▼A領域、B領域(選択科目)
2024年9月21(土)・22(日)・28(土)・29(日)4日間を予定

▼F領域、G領域(必須科目)
2024年11月16日(土)・17日(日)・23日(土)・24日(日)4日間を予定

(2)認定産後ケアプロバイダー資格取得講座
▼C領域、D領域、E領域(必須科目)
2024年7月20(土)・21(日)・27(土)・28(日)4日間を予定

▼A領域、B領域(必須科目)
2024年9月21(土)・22(日)・28(土)・29(日)4日間を予定

▼F領域、G領域(必須科目)
2024年11月16日(土)・17日(日)・23日(土)・24日(日)4日間を予定

各日:開場9:30 開始10:00 ~ 終了16:00予定(途中昼休憩あり)

【講師陣】

  • ・古谷健一(防衛医科大学名誉教授、大学医師顧問)
  • ・齋藤弘(元公益社団法人全国自治体病院開設者協議会会長、前山形県知事)
  • ・榊原理恵子(独協医科大学看護学部 国際公衆衛生看護領域 助教)
  • ・伏見枝莉(東邦大学看護学部看護学科 助教)
  • ・大澤絵里(国立保健医療科学院公衆衛生政策研究部 上席主任研究官)
  • ・畠山典子(大阪公立大学大学院看護学研究科講師、都市科学・防災研究センター研究員兼任)
  • ・松永佳子(東京慈恵会医科大学医学部看護学科 教授)

【講習内容】
●)対象資格:
(1)認定エキスパート産後ケアプロバイダー
▼参加資格
助産師・保健師・看護師、および医師の資格保有者

(2)認定産後ケアプロバイダー
▼参加資格
国家資格を持たなくても誰でも参加可能です。

【参加方法】

▼会場

オンライン参加のみ
(ZOOMのURLを事前にお渡しいたします)

▼お申込み
以下お申し込みフォームより受付します。

▼費用
100,000円(税込)
※事前にお振込みをお願いします

[季刊]監事 2024年7月号 財界研究所:6月20日発行
特集:「人手不足時代にあって、産後ケア・子育てにどう対応するか」

少子高齢化の日本で、新たな仕組みづくりを進めるには、
「こどもまんなか社会の実現を」「なぜ今、産後ケアが必要か?」
といったテーマで専門分野の方々のご意見を聞きました。
また、名古屋市で開催された「産後ケアに関する講演会」のもようを紹介します。

※画像クリックで詳細のPDFが表示されます

※画像クリックで詳細のPDFが表示されます

※画像クリックで詳細のPDFが表示されます

助産師 急募! 【さんむ医療センター】

助産師 急募! さんむ医療センターは令和6年9月に新病院がオープンします。
自然の恵み豊かなこの地域で一緒に働きませんか?

詳細は、さんむ医療センターまで、お問い合わせください。

▼さんむ医療センターHP
https://www.sanmu-mc.jp/

▼求人票
常勤用  非常勤用

山梨県方式に学ぶ産後ケア施設 宿泊型産後ケア事業の実現に向けて セミナーを4月25日(木)午前10時~11時に開催します

「山梨県方式に学ぶ産後ケア施設 宿泊型産後ケア事業の実現に向けて」
と題し、セミナーを開催いたします。
 
~山梨県内全市町村と連携する宿泊型産後ケア施設を実現させた堀岡先生にご講演いただきます~
 

▼詳細
開催日時:令和6年4月25日(木)午前10:00~11:00
参加方法:Zoomによる無料開催
URLhttps://zoom.us/j/96963058426?pwd=azVFTkhkcWdNcVBvcVFHTVlDMDdrZz09
┗パスコード:815371
┗ウェビナーID:969 6305 8426
申込:当日参加も可能ですが、参加者把握のためできる限り事前にお申し込みください。
対象:子育て支援・産後ケア事業にご関心のある方
内容:日本産後ケア施設連絡協議会の紹介
山梨県方式に学ぶ産後ケア施設について
山梨県内全市町村と連携する宿泊型産後ケア施設を
実現させた堀岡先生に取組の概要についてご講演いただきます。
講師:堀岡 伸彦 先生
元 山梨県福祉保健部健康増進課長 厚生労働省 博士(医学)

参考記事:子育て支援に企業はどう向き合うべきか?

子育て支援に企業はどう向き合うべきか?
<神谷 一雄>
(松久グループ代表、東京商工会議所名誉議員・顧問)

少子化に対する緊急提言

参考記事:「産後ケア」の重要性伝える講演会 名古屋

当機構理事の古谷健一先生、福島富士子先生が登壇された、「産後ケア」の重要性を伝える講演会@名古屋の様子がNHKで取り上げられました。

 

 

– NHK記事 –

 

 

– 実際の様子 –

 

 

 

 

 

– 名古屋市立大学 郡健二郎理事長、同大学 産科婦人科学 杉浦真弓教授 -

 

 

 

 

実際の記事はこちらhttps://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20240325/3000034803.html

3月25日 産後ケア講演会を開催します

当機構が後援し、理事の福島、古谷が参加する「産後ケア後援会」を開催いたします。

詳細は以下リーフレットをお読みください。

ヴィタリテハウス:濱脇施設長にインタビュー!

産後の悩み、助産師が答えます!産前産後ケア施設の実態

産前産後ケアセンター「ヴィタリテハウス」
https://vitalitehouse.com/

「切れ目のない産後ケアを!」発刊

産後ケア事業に携わる方々や自治体関係者、民間企業の関係者、そして母親など産後ケアの基礎知識を、理念・実務・運営という側面から分かりやすくまとめた1冊です。

■財界ON LINE
https://www.zaikai.jp/magazines/detail/351

参考記事:⼦育て⽀援に関する⾏政評価・監視

総務省が、安⼼して⼦どもを産み育てられるような⽀援体制の充実のため、妊産婦に対する⽀援の実態
を調査し、令和4年1⽉21⽇に厚⽣労働省に対して改善を求めました。

 

 

PDFはこちら(263KB)

カテゴリ